家賃に困った主婦がレイクでピンチをしのいだ体験談

 

急にお金がなくなってしまう時って、いつ来るのか全く予想ができません。まさか私も急にお金が困ってしまう事情に陥ってしまうなんて、この間まで全く予想していませんでした。頼る知り合いもおらず、途方に暮れていた私にレイクという消費者金融が私を助けてくれました。これからもピンチの時には、レイクでお金を借りようと思いました。私の恩人だと思っています。

 

自己紹介

 

私は26歳の女性です。主婦をしています。だがパートで働いていて、もちろん旦那がいます。旦那は会社員をしていて、性格はとてもやさしいです。毎日それなりに幸せな生活を送っていました。そんなある日旦那が、体調を壊して入院してしまったのです。もちろん給料も入ってこなくなり、貯金も底をついてしまいました。アパートの家賃を払うことができず、このままでは追い出されてしまうと思いました。

 

ピンチの時にはレイク

 

旦那が具合が悪いので、頼りにすることできません。少しのお金でもあれば大丈夫なのに・・・。このように考えていると私の友人が、消費者金融のレイクでお金を借りれば大丈夫だと言っていました。私はお金を借りるという選択肢を全く思いませんでした。自分でも何で思いつかなかったんだろうと反省しました。レイクのATMに行き、申し込みをしました。ATMの指示に従ってボタンを押してきました。スムーズに審査を通過していました。私はパートの仕事をしていたので、それで審査に通過したんだと思います。主婦の人でもパートをしている人なら、レイクの審査に通る事できるので諦めないでほしいです。

 

返済も楽だった

 

消費者金融のレイクは、金利がとても低かったのでよかったです。私が借りたのは5万円でした。金利は約6%で、簡単に返済することができました。金利がとても安いので、返済する側の負担もとても軽いです。その月の家賃を支払うことができました。旦那も病気から回復して、すぐに働けるようになりました。これからはピンチの時のために、少しでも貯蓄しようということを夫婦で確認しました。

 

まとめ

 

夫婦でも、稼ぎ頭の旦那が急な体調不良でピンチに陥ってしまう人も多いのではないでしょうか。そんなときに消費者金融のレイクなら、一時的にピンチをしのぐことができます。できるというときのために消費者金融のレイクを準備しておきましょう。たとえピンチにならなくても、ピンチになっても大丈夫、という安心感を持って毎日の生活を送れます。